加齢臭には体の中から臭い無くす!おすすめサプリランキング

加齢臭 サプリ

加齢臭ってどんな臭いなの?

 

どんな臭いを放っていると加齢臭と言われるようになるのでしょうか?この加齢臭という言葉は資生堂が作った言葉なのですが、一般的にろうそくや古くなってしまっている本や脂のような臭いと位置づけています。つまり酸化してしまっているような臭いや古臭い臭い=加齢臭と言えるでしょう。

 

どうして加齢臭と言われる体臭を放つようになるのかというと、ニオイ物質であるノネナールが多くなってしまうためです。本来、体の中にはノネナールはないのですが、歳を重ねるに連れて脂肪酸の一つの9−ヘキサデン酸が多くなります。この脂肪酸が活性酸素によって過酸化脂質に変化をし、皮膚にいる雑菌が分解をしていくのですが、この時に雑菌が生み出しているのがノネナールなのです。汗や皮脂が出やすい箇所に密集しやすいため、脇などから加齢臭を放つようになります。40歳位まではほとんどノネナールはないのですが、それ以降になると段々増えていきます。

 

なお脂ですので、肌に付着しやすく水で流す程度では取り除くことは出来ません。ですので皮脂腺が密集しているような箇所は特に石鹸などを使って洗い落とすようにしていく必要があるのです。なお加齢臭というのは、皆が同じ臭いを放っているわけではありません。人によって加齢臭の臭いというのは異なっています。

 

これは普段の生活習慣などによっても大きく違ってくるとされているのです。例えばタバコやお酒などを嗜んでいる人とそうではない人では加齢臭の臭いは違っていますし、口臭などが加齢臭としてさらに臭くなってしまうことだってあります。特に女性と比べて男性の方が皮脂や汗を出しやすいですから、男性の加齢臭は「オヤジ臭い」と言われてしまったりすることも多いです。

 

加齢臭の臭いが夕方になると強くなる原因と対策

 

朝はそこまで加齢臭の臭いはしないのに、夕方は加齢臭の臭いがかなり強くなってしまうということも多いです。どうして夕方は加齢臭の臭いが強くなってしまうのかについてご紹介をしていきます。

 

まず加齢臭というのは自分でも気づきにくいですし、体のどこから匂いが出てしまっているのかも特定しにくいです。ですので入浴時に体を洗っていても十分に臭いを落としきることが出来てないことが多いのが実情です。それでも入浴をすることで、ある程度は汚れや汗を取り除くことが出来るため臭いも和らぎやすいのですが、寝ている間に少量でも寝汗をかいてしまいます。この寝汗を落とさずにいると、酸化をしていったり雑菌の餌になってしまって、夕方くらいになって加齢臭の臭いが強くなってしまうのです。

 

お風呂で体を洗っても、ずっとその清潔さを保つことが出来るというわけではありません。体を洗っても皮脂も汗も知らない間に分泌されてしまいますから、大体12時間後くらいから加齢臭の臭いが段々出てき始めると考えられています。そのため朝起きたばかりの時はそこまで臭いが気にならないとしても、帰宅をすることにはかなり匂いが強くなってしまうということが多いのです。

 

夕方になってから加齢臭の臭いが強くなってしまうのであれば、朝起きてからシャワーを浴びたりお風呂に入って、再び皮脂や汗を洗い落とすようにすることをおすすめします。また昼休憩などに首の後や顔などの皮脂や汗を拭き取るようにすることで、夕方に臭いを放ちにくくすることも可能です。

 

加齢臭はベタベタ汗で悪化する?

 

汗を流してしばらくすると、汗臭くなってしまったりしますよね。ですので汗をかいたまま放置をしていると体臭が強くなってしまうと言えます。加齢臭と汗の臭いと言うのは別物ではあるのですが、汗と加齢臭が入り混じってしまうと不快な匂いに発展しかねません。ですのでもう加齢臭になってしまっているのであれば、汗をかきやすい時期というのは特に気をつけていく必要があります。

 

汗を掻いているとき、サラサラの汗が出ますか?それともベタベタの汗が出てしまっていますか?サラサラの汗であれば、ほとんど無臭に近いですからそこまで気にする必要はありません。汗を掻いてもさっと拭き取るようにすればいいだけです。しかしベタベタの汗なのであれば、それだけ脂っぽくなってしまっていますし蒸発しにくいという特性があります。そのため肌表面や毛穴にいる雑菌の餌になりやすくなっており、雑菌が増殖してしまって臭いを放ちやすくなってしまうのです。

 

運動不足になっていたり、肉などのように脂肪が多く含まれている食事ばかりをしている、ストレスがかなり溜まってしまっているといったことが原因でベタベタの汗になりやすいです。ですので汗がサラサラになるように、食物繊維やビタミンなどをしっかり摂取したり、運動をして代謝を高めるようにしていきましょう。またベタベタの汗が出てしまうのであれば、可能な限りすぐに洗い落としたり、ティッシュなどで拭き取る、通気性の高い服などを着るといった対策をしていきましょう。

 

加齢臭を引き起こすノネナールってどんな物質?

 

ノネナールというニオイ物質が加齢臭の原因になっています。皮脂腺に存在している脂肪酸の一種のパルミトオレイン酸が活性酸素によって生じた過酸化脂質と結合することで作られるのがノネナールです。大体の場合、40代になってから発生するのが加齢臭です。ちなみに加齢臭=男性が放つと思っている人も多いと思いますが、女性も加齢臭は放ちます。若い頃はノネナールはほとんどありませんが、年齢を重ねるにつれて活性酸素が増加していき、ノネナールが作られやすくなると考えられています。

 

加齢が原因になっていることが多いのですが、これだけが原因になっているわけではありません。加齢臭対策をしていく場合、どれだけ原因を解消していくことが出来るのかが課題になります。例えば先程も過酸化脂質とパルミトオレイン酸が原因になっているといいましたがどちらも脂質です。脂質をたくさん食事で摂取してしまうと、それだけノネナールが作られやすくなってしまうと考えることが出来ますよね。

 

また活性酸素によって過酸化脂質が作られやすくなってしまうわけですが、抗酸化作用があるポリフェノールやビタミンCなどを積極的に摂取していくことで、防ぎやすくすることだって可能です。加齢臭にならないようにしたい、少しでも臭わないようにしたいのであれば、肉中心の料理ではなく野菜などをしっかり食べるようにしましょう。そうすれば過酸化脂質もパルミトオレイン酸も少なくなりますから、加齢臭の予防や改善をしやすくすることも出来るのです。

 

加齢臭対策に抗酸化作用を摂取していこう

 

過酸化脂質から加齢臭の原因になるノネナールが作られてしまいます。そして過酸化脂質は活性酸素が増えることによって増えてしまうのです。この活性酸素が多くならないようにするためにも、ストレスの発散や紫外線対策などをしていく必要があるのですが、食事で抗酸化作用がある栄養素をしっかり摂取することも大切です。ではその抗酸化作用がある栄養素として、どんな栄養素を摂取していけばいいのでしょうか?

 

抗酸化作用があると言われる成分はいくつもあるのですが、私達に一番馴染みがあるのはビタミンEやビタミンCではないでしょうか?これらの栄養素というのは、抗酸化作用があり加齢臭などの対策にも適していると言われています。その証拠に、加齢臭対策の方法としてレモン汁を肌に塗るなどといった方法もあります。

 

このようにして肌内部にビタミンCを送ろうとしているわけですが、ビタミンC自体は分子が多いですので吸収されにくいです。ですので外側からは体を丁寧に洗うという対策をして、食事からビタミンCやビタミンEを摂取するようにした方が効果的です。

 

抗酸化作用を持っている栄養素をしっかり摂取することで、活性酸素を作りにくくしていくことが期待出来るだけではなく、酸化してしまった細胞の復活にも役立てていきやすいと言われています。このような面からも、ビタミンEなどというのは加齢臭対策に適しているのです。抗酸化作用がある栄養素を豊富に含んでいるものとしてブルーベリーやみかん、レモンなどといった果物が挙げられます。これらの果物を間食代わりにして食べるといいでしょう。